2015年5月11日月曜日

資産管理お役立ちツール


今日は息抜き程度に資産管理に便利なツールのご紹介。


① Googleスプレッドシート関数

Excelの方がよほど高機能なのだが、Googleスプレッドシートには一つ優れた関数がある。

=googlefinance()

カッコ内にティッカーシンボル(アルファベットの企業略称。マイクロソフトならMSFT)を入力すれば、リアルタイムで株価をトレースしてくれる。米国株投資をやっている場合に重宝する。


② MoneyForward

銀行口座、証券口座、各種ポイント、年金資産など、ネットでアクセスできる状態になっているほぼ全ての金融資産残高を毎日更新してくれるスマホアプリ。
事前に各口座のログインIDとパスワードの登録が必要というやや抵抗感のある仕様となっているが、主要株主には安心感のある名前が連なっているので割り切るしかないだろう。
このアプリのおかげで、銀行口座を4つ、証券口座を3つ持っている我が家の資産把握に費やされる時間は大幅に短縮された。
似たアプリでMoneytreeというのがあるが、対応している金融機関がまだ少なく、現時点での軍配は圧倒的にMoneyForwardに上がる。



③ 海外の経済ニュースサイト

資産管理とは直接関係ないものの、投資にはマクロの視点も重要で、そのためには良質のニュースが役に立つ。下記は全て海外メディアだが日本語サイトが存在する。

ブルームバーグ
 http://www.bloomberg.co.jp/
ウォール・ストリート・ジャーナル
 http://jp.wsj.com/home-page
ロイター
 http://jp.reuters.com/


ウォール・ストリート・ジャーナルは多くの記事が有料会員限定のものなのだが、実を言うと裏ワザが存在する。有料記事のタイトルをコピーしてGoogle検索にかけ、出てきたリンクから入ると会員でなくても読めてしまうのだ。今回の記事で言いたかったのは実はここ。でも、ここだけの内緒の話にしておいて頂戴。
どれもメジャーなメディアなのに、社会人には日経新聞しか読まないという人がかなり多い。日経新聞を不必要に貶す必要はないが、はっきり言って上記3メディアと比べるとレベルは数段落ちる。毎日これらを読み続ければ、投資はもちろんのこと経済全般についての知識も広がり、仕事上も役立つこと請け合いだ。



その他、何か便利なものを知っていれば私に教えてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿