2015年9月23日水曜日

第76回記念 みのむしとの対話

プレノン「…」
みのむし「…」
プレノン「…」
みのむし「あの…」
プレノン「は?」
みのむし「あの、対話…」
プレノン「なんすか?」
みのむし「タイトル…」
プレノン「なんですか。つーか、あんた誰?」
みのむし「わたくし、通りすがりのみのむしです」
プレノン「あ、どうも」
みのむし「いえ、どうぞよろしく」
プレノン「…」
みのむし「あの、タイトル読んでください」
プレノン「うるせーな、こっちゃゲームやってんだよ」
みのむし「『みのむしとの対話』」
プレノン「はいはい、わかりました。話せばいいんでしょ、話せば」
みのむし「わかっていただけてなによりです」
プレノン「しかしつまらないな。こういうの、好みじゃないよ」
みのむし「はあ」
プレノン「そもそも、意図は何なの? 第76回とか言われても、よくわからない」
みのむし「さあ、わたくしに聞かれても。お願いされて来ただけですから」
プレノン「誰に?」
みのむし「誰ですかね」
プレノン「あんた、株式投資やってるの?」
みのむし「やってないですよ」
プレノン「じゃあ、何を対話するんだよ。ここ、株式投資ブログなんだけど」
みのむし「人生相談なら、友達によくされますが」
プレノン「悩みなんてない」
みのむし「そうですか…」
プレノン「といいつつ、実は少しあるよ。本当はこんな株式投資の話なんてするのはウンザリなんだよね。僕はとにかく人が不愉快になるような話を書きまくりたくてしかたないんだ! 『戦争したくなくて、ふるえる』とか騒いでるノータリンどもをげんなりさせるようなのものだ!」
みのむし「そうですか…」
プレノン「どんな話か興味ある?」
みのむし「いえ、特に」
プレノン「まあそう言うなって」
みのむし「ほんとに結構ですから」
プレノン「何しに来たんだよ。なら、一緒にマリオカートする?」
みのむし「コントローラー持てないので」
プレノン「じゃ、お茶でも飲んで。だいたい意図が掴めてきたから、適当に時間潰して帰りなよ」
みのむし「はあ、どうも」
プレノン「ところでさ、当然のように『プレノン』って名乗ってるけど、僕はブログ主本人なのか、フィクショナルなキャラクターとしての存在なのか、どちらだと思う?」
みのむし「みのむしだから、そういう話はよくわからないです」
プレノン「…」
みのむし「差し出がましいかもしれませんが、そういえばあなた少し口調が馴れ馴れしいですよ」
プレノン「そう?」
みのむし「ほら、それ。初対面の相手にそんな風にタメ口使うのはどうかと思います。もしかして、わたくしがみのむしだから馬鹿にしてるんですか?」
プレノン「それはある」
みのむし「正直なんですね…でも、気分が良くないので敬意をもって接して欲しいです」
プレノン「わかりました。お茶のお代わりはどうです?」
みのむし「頂きます」

みのむし「そろそろお願いされた時間が終わるので、お暇します」
プレノン「今回は本当にこれで終わりですか。意味がないにも限度があるんじゃないかと」
みのむし「別に個人ブログなんだからいいんじゃないですか」
プレノン「しかし、倫理というものが…それに芸風がいつもと違いすぎておかしくなったのかと疑われるんじゃないかな」
みのむし「わたくしには関係ないことなので。それではお邪魔しました」
プレノン「はあ、どうも」

そして我が家のカーペットにはみのむしの糞がいくつか残されたが、本当に、残されたのはそれだけだった。

2 件のコメント:

  1. この記事だけ読んでいなかったことに今頃気が付きました。
    どっちに進むにしろ、昇華させれば面白くなりそうな匂いがプンプンします。

    返信削除
    返信
    1. そう言っていただけるとありがたいです。
      アクセス数からして他の方には非常に不評なことが予想されますが、私自身の息抜きのために、今後も懲りずに投資と無関係の文章を不定期に書きなぐってみたいと思います。
      わがままにお付き合いください。

      削除