2016年5月5日木曜日

アメリカ医療保険大手 簡易比較

 さて、前回の記事でアメリカ医療保険会社に対する関心がとてつもなく高まったことと思う。
 え、全然高まってない? ふーん。じゃ、帰っていいよ。


UnitedHealth Group
ユナイテッドヘルス・グループ
業界のガリバー。売上・利益の絶対額ばかりでなく、ROA・ROEも業界でトップクラス。
業績だけ見ると、この中で一番欲しい。誰もがそう思うから、株価にも高いプレミアムが付いている。

Aetna
エトナ
時価総額260億ドルの同業ヒューマナを買収予定。
今、アメリカの医療保険業界では買収競争が巻き起こっている。規模の経済が働くと考えられているからだ。
当社の経営成績も、悪くない。とても、悪くない。

Humana
ヒューマナ
経営指標が平凡なのに株価にプレミアムが乗っているのはエトナによる買収価格にさや寄せしているため。
特に興味を惹かれない。

Anthem
アンセム
売上規模は業界二位だが、利益水準が相対的に劣っている。
ROEも平凡な水準だし、取り柄と言えば低いバリュエーションくらいか。
食指動かず。

Cigna
シグナ
売上高はアンセムの半分ながら、効率性によって時価総額は同等。
ROAは低いので、レバレッジによってROEを高めているようだ。
2015年7月、シグナはアンセムによる買収を受け入れることで合意した。
規制当局の承認が得られれば16年下期に取引が完了し、加入者数でアメリカ最大の医療保険会社が誕生することになる。こんな優秀な企業が買収されてしまうのは非常に惜しい。
しかし、買収が最終的に承認されない懸念から、シグナの株価は買収価格$180(現金$103.4/株 + 約$150のアンセム株0.5152株)を大幅に下回る$140程度で推移している。


私のアンテナにはシグナが引っかかる。買収が計画通り完了した場合$40の利幅が取れるし、買収が頓挫した場合でも妥当な価格で優秀な企業をそのまま保持できる。
追加資金投入時の優先購入リストにブックしておくこととする。
当業界を更に知るため、近日中にシグナの財務諸表を読み込んでみる。

0 件のコメント:

コメントを投稿