マイ・ポートフォリオ(2019年4月末)


年初来リターン(円建,税,配当込) +19.8%
対S&P500  +0.8ppt
対NASDAQ指数  -4.8ppt
投資元本  32.8百万円


4月中の取引
全部売却:Visa(V) → 追加購入:Mastercard(MA)
追加購入:Cigna(CI)


 ビザの売上成長率がいつまでたってもマスターカードに後れを取り続けている。同じようなビジネスを営んでいるのだからいつかは両社の歩調が一致するだろうと考えていたが、その気配が見えてこない。これはもう長期トレンドなのかもしれないと思い、ペイメントはMAに一本化することにした。ついに一銘柄で資産の2割に達してしまった。頼むよ、マスターカード。

 給与は大きく下がっている医療保険のシグナ(CI)に投入。成立する見込みがあるとは思えないメディケア・フォー・オールのために医療保険株全般が叩き売られており、天与の買い場となっている。こういう状況を目の当たりにすると、AIだとかクオンツだとか言っても、市場に知性は存在しないのではないかと疑いたくなる。

 それにしてもナスダック指数が強い。
 2017年にIBMを手放した際に書いた通り、大型ハイテク株は長い繁栄の初期段階に位置しているに過ぎず、株価はそういうパラダイムシフトを徐々にしか織り込めないため、オールドエコノミーに対するハイテクのアウトパフォームはこれからもずっと続く、つまり今度こそ本当に"This time is different."と確信している。


[ 注目している株 ]
医療保険、オートデスク(ADSK)


冒頭画像
『ブラック・スネーク・モーン』クレイグ・ブリュワー

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント